洗剤と洗い方を知ろう|授乳服がカギを握る|健やかなる成長を願って
女性とベビー

授乳服がカギを握る|健やかなる成長を願って

洗剤と洗い方を知ろう

乳児

赤ちゃんが生まれると、洗濯物の量が増え洗濯回数も増えることになる。赤ちゃんは発汗性が高く、汗をかきやすい。また、よだれやミルクをこぼすなどにより衣服が汚れやすい。また、服などは汗をかくたびに変えてあげないと、風邪をひきやすくなってしまうなどの問題もある。これらのことから、赤ちゃんがいる場合には洗濯回数が増え、しかも都度洗濯を行う必要が出てくる。赤ちゃんの衣服などの洗濯において注意すべきこととしてあるのが、洗剤の選択である。赤ちゃんは大人に比べ、肌に受ける刺激が強いため、低刺激の洗剤を使用することが重要である。その為、添加物の多く含まれていない洗剤や、天然由来の洗剤を使用してあげることがポイントとなる。

赤ちゃんの衣服などを洗濯する場合には、洗剤を確実に落とすことが重要である。すすぎが十分に行われておらず、洗剤が衣服に残ってしまうと、それにより肌荒れや湿疹の原因となってしまう。その為、衣服に洗剤を残すことなく、十分にすすぐことが必要になる。また、ミルクなどによる汚れを放置しないこともポイントになる。ミルクなどで汚れた衣服などを放置することで、カビの繁殖などの原因となることがある。その為、赤ちゃんの衣服は汚れたらすぐに洗うことが必要である。特に、ミルクは影響力が高く、カビや雑菌の繁殖スピードが速くなる。これらの汚れについては、洗濯物を貯めることなくすることが良い。また、洗濯時には太陽光などで十分乾かすこともある。