子供の安全を守るもの|授乳服がカギを握る|健やかなる成長を願って
女性とベビー

授乳服がカギを握る|健やかなる成長を願って

子供の安全を守るもの

ベビー

設置する場所について

自動車の運転の際に、子供の安全を守る目的で設置されるのがチャイルドシートです。チャイルドシートには、小さな子どもを座席にしっかり固定させる役割があります。なので、万が一、交通事故にあった際も、車外へ子供が放り出されるのを防いでくれるのです。統計によると、着用しない場合、交通事故の死亡率は着用時と比べて8倍にも上ります。その効果は絶大なので、小さい子どもがいるすべての家庭のマストアイテムです。ただ設置する際は、絶対に助手席につけてはいけないです。というのも、事故にあった際、エアバッグの作動による衝撃で子供が危険な目に遭うからです。なので、子どもの安全を1番に考えた場合、後部座席に設置するのが大原則です。

嫌がる子供を慣れさせる

子供にとって、チャイルドシートの存在は安全を守る上で欠かせないです。ただ子供が成長するにつれて、チャイルドシートに座るのを嫌がる傾向にあります。泣きじゃくることもあるので、せっかくのドライブが台無しになってしまいます。子供をチャイルドシートに慣れさせるためには、いくつかのコツがあります。まずひとつは、家の中でも普段から座らせるようにすることです。チャイルドシートに座らせた状態で、テレビや絵本などを読んで上げます。また、食事の際も座らせるなどすれば、徐々に慣れて嫌がることはなくなります。逆に絶対にやってはいけないのは、親の膝に乗せて乗車する事です。一度やってしまうと癖になるので、二度とチャイルドシートに乗らなくなります。チャイルドシートはベビー用品店などで購入できますが、忙しい方はなかなか買いに行けないと思います。そのような場合は、通販サイトで購入するといいでしょう。サイトでは値段別や年齢別、機能別などでチャイルドシートを選ぶことができます。